宗教法人正法寺 正法寺ルンビニー幼稚園

保育園について

保育園の概要

名称
正法寺保育園
所在地
福岡市南区横手3丁目20番5号
電話番号
092-501-2615
法人創立年月日
昭和28年3月3日
事業認可年月日
昭和28年3月31日
リンク
一般社団法人 福岡市保育協会内 認可保育園
http://www.hoiku.or.jp/search/page.php?en_no=04003
施設長氏名
軍嶋 信勝
利用定員
0歳児
8名
1・2歳児
28名
3・4・5歳児
74名
110名
諸事情により受入れ児童数は、利用定員以下になる場合があります。
職員数
19名
特別保育の実地状況
障がい児保育
職員への研修実施
状況
職種、経験に基づき各自の仕事のレベルを高めるため全職員に実施
嘱託医
徳永内科医院 徳永 尚登

職員・クラス編成

園長
1名
園長代理
1名
クラス担任保育士
9名
非常勤保育士
3名
栄養士
2名
非常勤調理師
3名
事務員
1名
嘱託医
1名
0歳児
クラス名
たんぽぽ
クラスカラー
1歳児
クラス名
すみれ
クラスカラー
黄緑
2歳児
クラス名
れんげ
クラスカラー
水色
3歳児
クラス名
ちゅうりっぷ
クラスカラー
オレンジ
4歳児
クラス名
もも
クラスカラー
ピンク
5歳児
クラス名
さくら
クラスカラー

※諸事情により、変更等ある場合がありますことを、ご了承ください。

※令和4年度正規保育士を募集しています。
採用試験は、10月30日(土)14時 又は 11月20日(土)14時のどちらか可能な日(どちらでも可)にて行います。
詳細は、お電話(092-501-2615 園長)いただくか、各養成校等の募集要項をご覧ください。ご応募お待ちしています!

仏教教育

仏さまの教えを守り、毎日のおつとめ、毎月の本堂入りで月の目標をわかりやすく教えます。
月の行事予定はこちらの『園長からの一言』をご覧ください。

4月
合掌聞法(ともだち)・・・入園・進級を喜び、園生活に親しもう
5月
持戒和合(やくそく)・・・きまりを守り、集団生活を楽しもう
6月
生命尊重(かわいいな)・・・生きものを大切にしよう
7月
布施奉仕(しんせつ)・・・だれにでも親切にしよう
8月
自利利他(できるかな)・・・できることは進んでしよう
9月
報恩感謝(ありがとう)・・・社会や自然の恵みに感謝しよう
10月
同事協力(あなたもね)・・・お互いに助け合おう
11月
精進努力(がんばろう)・・・最後までやり遂げよう
12月
忍辱持久(うれしいな)・・・教えを知り、みんなで努め励もう
1月
和顔愛語(なかよし)・・・寒さに負けず、仲よく遊ぼう
2月
禅定静寂(かんがえよう)・・・よく考え、落ち着いた暮らしをしよう
3月
智慧希望(おおきくなったよ)・・・希望をもち、楽しく暮らそう

開所日・開所時間及び保育内容

開所日
月曜日から土曜日まで
開所時間
午前7時00分から午後6時00分まで
保育短時間の保育時間
午前8時00分から午後4時00分
休所日
日曜日・国民の祝日・休日・年末年始(12月29日から1月3日)

保護者の負担について

保育料
保育料は福岡市が決定します。
実費徴収

保育料のほかに、保護者にご負担いただくものとして以下のものがあります。

  1. 絵本代 毎月450円程度 1歳児以上
  2. 用品代(市販の物でも可) 600円~6,500円程度(年齢による)
  3. 制服等 4,500円~26,000円(年齢による)
  4. お泊まり保育代 4,000円程度 年長児
  5. 父母の会費 700円/月(父母の会管理)
  6. 給食費

※なお、クラスカラー帽子は毎年購入となります。
※上記の他、必要な実費については、随時お知らせします。

正法寺保育園苦情処理について

令和元・2年度に保育園に寄せられた苦情と対応について

苦情の概要
職員の対応に関すること
  • 降園時に下着を濡らしていたことに関して(対応:気づけなかったことを謝罪)
  • 園児が夜泣きをし、登園を渋る(対応:お迎え時に応接室にて)
  • 担任とのコミュニケーションに対して(対応:お迎え時に応接室にて)
  • 男性職員が制服の着替え補助に入っていることに関して(市・監査指導課より)
  • 園児への指導・いじめとの指摘について(対応:保護者との面談)
  • マスク等の紛失・持ち物の入れ間違えについて(対応:電話)
苦情の概要
園運営・施設に
関すること
  • お迎え時の職員の挨拶について(対応:口頭)
  • 保護者の路上駐車について(対応:注意書きの掲示)
  • 4月当初の健康観察表の不備について(対応:謝罪し処置)

ご意見をいただいた関係の方々には、不十分な点や不快な思いをさせた点について、お詫びするとともに、迅速かつ真摯な対応に努めました。